腎臓病食を宅配業者に依頼しよう|安心デリバリーサービス

笑顔

参考としての食事制限

女性

参考としての制限値

腎臓病になって過酷な食事療法が必要であるという指導を医師から受けることになってしまう場合もあります。それに忠実になっていこうと考えると意外に大変なものであるというのは事実です。何カロリー以下にしなさいという指示があったとしても、厳密にその値以下にしようと思うと、どれだけのカロリーが本当に摂取されたのかということがわかりにくいのが現実だからです。こういった制限値というのはあくまで参考でしかないということは注意しておいたほうが良いでしょう。食事療法において提供される制限値が厳密であって越えてしまうと腎臓病が悪化してしまうと考えてしまう人もいますが、目安として与えられているものであるということに注意が必要です。

改善することもある腎機能

腎臓病の食事療法においては適切なカロリーの摂取と減塩が最初に行われることになります。これが悪化することによってタンパク質制限が課せられ、容態によって水分制限やカリウム制限も付されていくことになります。知っておくと良いのは、こういった変化は不可逆ではなく、食事療法に取り組んでいくことによって制限が解除されたり軽減されたりしていくこともあるということです。腎臓病になってしまう原因として高血圧や糖尿病等がありますが、それがストレスから来ていることもしばしばあります。そういった際に厳密な食事制限をしようとしてかかっていたストレスについて、制限値は参考でしかないということを知って肩の荷が降りると軽減されるでしょう。それによって腎機能の改善が起こることもありうるのです。