腎臓病食を宅配業者に依頼しよう|安心デリバリーサービス

笑顔

心と身体に優しい治療法

介護

栄養素と食事

医学は様々な病気の治療に効果をあげ人類に貢献してきましたが、ガンは未だ克服できていないです。またうつ病などの精神的な病気も投薬だけでは、完全に治療は難しいです。従来の医学では完治困難な病を克服する治療としてオーソモレキュラー療法と呼ばれ、日本では栄養療法として知られている療法が注目されています。栄養療法とは、栄養素に着目し食事やサプリメント、糖質などの面から身体の細胞の活動を刺激して病気を治す方法です。高血圧になったり、血糖値が高くなったり、コレステロールの値が高いなどの症状に対して投薬で改善したとしても、根本的な原因は解決していないのです。栄養療法では、その病を招いた原因を解決することで病気を治そうとする療法なのです。

根本的な原因を改善

生活習慣病の代表の高血圧や糖尿病や高脂血症などの原因は、内蔵脂肪の肥大などによるところが大きいのです。つまり生活習慣病を根本的に解決しようと思えば内蔵脂肪を減らすために、無駄な脂肪を落とすようにすればいいのです。インスリンの分泌が増えれば血糖値が増加して内蔵脂肪が増えるので、食事で血糖値が上がらないような食材を摂るようにします。栄養療法でポイントを絞った食事療法をしていくと、短期間で効果を上げることが可能となります。栄養療法の主な特徴は、一つは人間の自然治癒力を最大に発揮するために不足した栄養素をサプリメントなどから補うことです。次に糖質をコントロールすることで、血糖を調節していきます。そして高濃度ビタミンCの点滴療法でガンやうつ病、アトピーなどを治療していきます。