腎臓病食を宅配業者に依頼しよう|安心デリバリーサービス

料理

心と身体に優しい治療法

介護

投薬を中心とした従来の医学は様々な病気を治してきましたが、ガンやうつ病など完全に治癒が難しい病気もあります。栄養療法は、対症療法ではなく病気の根本的な解決のための治療法です。食事やサプリメントや点滴を用いた療法で、病気の根本にアプローチして治療していきます。

詳しくはこちら

制約があるなかでの食事

笑顔

糖尿病になってしまって毎日の食事が楽しくないと考えているのならば、糖尿病食の宅配サービスをおこなってくれている業者を利用しましょう。たくさんの業者が色々な料理を宅配してくれますので、楽しみながら自身の舌にあうところをみつけましょう。

詳しくはこちら

病院の推薦業者を軸に比較

介護

比較検討を行いましょう

腎臓の機能は、体内の老廃物の排出、体液のナトリウム、カリウムなどの電解質の濃度をコントロールする機能、血圧の調節や赤血球を育てる機能に加え、骨粗しょう症を防ぐビタミンDの産生などを行います。腎機能が低下してくると、これらの機能が衰えてきます。腎臓病を患った場合に食事制限が行われますが、いわゆる腎臓病食では、腎臓に負担をかけないような食事を行っていきます。具体的には、タンパク質や塩分、そして水分の摂取に制限がかかってきます。加えて、十分にカロリーが摂取できる食事でなければなりません。腎臓病食の宅配を依頼する場合には、これらの制限に配慮がなされているかどうかを事前にしっかり確認すると良いでしょう。腎臓病食宅配の相場は1食あたりおよそ800円ほどかかり、安くはありません。お選びの際は、さまざまな視点でしっかり比較検討することをおすすめします。

業者選びのポイント3つ

腎臓病食を宅配するメリットは、やはりプロの栄養士などの監修が入っていたり、業者によっては病院や医師から認められているところもありますので、安心感が得られるという点でしょう。腎臓病食を自宅で作るとなると、決まりきったメニューになりがちで、患者の食欲を失くす可能性もあります。したがって、腎臓病食の宅配業者を選ぶ場合には、以下3点を注意すると良いでしょう。まずは、食事制限に則ったメニューであることです。タンパク質は体内の消火活動で大部分が老廃物となります。塩分制限は認知されていますが、タンパク質の量までしっかり確認しておきましょう。そして2点目は食の安全面です。契約農家や無農薬、無添加などにも配慮する宅配業者さんもありますので、これらの点も確認しておきましょう。最後にメニューがバラエティに富んでいるかどうかです。飽きが来ないよう配慮されているかどうかも患者さんにとっては重要な目線です。病院や医師の推薦がある業者さんもあります。これを軸に比較検討すると良いでしょう。

参考としての食事制限

女性

腎臓病の食事療法における制限値はあくまで参考でしかないことは注意すべきことです。それを守ることがストレスになっていた際には、その肩の荷が降りることで腎機能の改善が起こり、食事制限が解除あるいは軽減されることもあります。

詳しくはこちら